テーマ:書籍

『きんばあちゃんの花見山』

福島県福島市に、「花見山」という観光名所があります。 その創設者の方の実話をもとに、可愛らしい絵本ができました。 一般発売は6月28日ですが、チャリティ企画に参加したので一足早く入手しました。 「明日を信じて、ふくしまは負けない!!」 心あたたまると同時に、帯にもあるような気持ちにさせてくれます。 本屋さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ビートルズ派手にやれ』

ビートルズの初代マネージャー・アラン・ウィリアムズが、無名時代の彼らの様々なエピソードを書いたこの本。以前の職場の同僚に貸したきり、その人が辞めてしまって戻ってこなかったのですが、先日、今の職場近くの古本屋で見つけ、読み返すことができました。 ビートルズは元々、リバプールの繁華街に出入りする、早い話が不良少年でした。決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うちなー ぬ たからむん

りんけんバンドのリーダー、照屋林賢さんのフォトエッセイ集です。先日のコンサートの時に買いました。 沖縄のこと、りんけんバンドのこと、ウチナークチ(沖縄の言葉)のことなど、コンサートだけでは見えないこともよくわかります。 心にズンとくる話がいくつもあったのですが、中でも三線(さんしん・沖縄の代表的楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『大きな木のような人』

フランス・パリの大きな植物園。 日本から来た少女・さえらちゃんは、園に入り込んではイタズラを繰り返し、怒られてばかり。 でも木のこと、草花のことを知るうち、いつしか植物園の一員になっていきます。 やがてさえらは日本に帰ることになりますが…。 「人はみな心の中に、一本の木を持もっている。」 作中にこんなフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『沖縄エイサー誕生ばなし』

『沖縄エイサー誕生ばなし』(御代英資【みよ えいすけ】著・東洋出版・2008年)という本、たまたま新聞広告で目についたので、買って読んでみました。(最近、沖縄にハマっているようです^^;) 副題に「~袋中という坊さまの生涯~」とあって、どちらかというとエイサーよりも、この袋中(たいちゅう:戦国から江戸初期の浄土宗の高僧。1552~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海よりも遠く

『海よりも遠く』(和智正喜著・講談社青い鳥文庫) 海洋冒険家の白石康次郎さんが、高校時代にヨットを志してから史上最年少で単独無寄港世界一周を成し遂げるまでを描く、事実をもとにした児童小説です。 今日(というか昨日)は2週に一度の定時帰りの日なので、イトーヨーカドー内の本屋をひやかしていて偶然手に取りました。面白そうなので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more