中野チャンプルーフェスタ2009(後編)

中野チャンプルーフェスタ。2日目は初日よりさらに時間が限られていたので、サンプラザ中野……じゃなかった、中野サンプラザ前特設ステージでのイベントを見ることにしました。
着いたのが午後3時。本来なら奄美島唄の「あらしゃげ」というユニットのステージが始まり、その後江戸川区のエイサーチーム「琉心」が続くはずだったのですが、どういう訳か時間が早まっていて、着いた時には「琉心」のパフォーマンスがもう終わる頃でした。(こういうステージって、大概時間が押すものなのに…)
奄美島唄も聴きたかったし、「琉心」も見たかったのですが、非常に残念です。

どうにか気を取り直して、「琉球國祭り太鼓 東京支部」のステージ…。
と、その前に、はるばる那覇から来てくれた旗頭チームが登場しました。

画像


旗頭とは、上の写真のような沖縄の幟で、これらは毎年10月に開かれる那覇大綱挽の時に実際に練り歩くものなのだそうです。大綱挽は東西に分かれて行われ、それぞれが7旗ずつ、計14旗の旗頭があるのですが、左の「東」と書いてあるのが東の一番旗、右側の「凱歌」が西の一番旗です。
一つの重さは45Kgほどあり、また上の方に重いものが乗っているためバランスが難しく、持ち上げて動かせるようになるには何年も訓練しなければなりません。

画像


一般の人が試しに持ってみるというパフォーマンスがあって、何人かが挑戦していましたが、たいていの人はビクとも動かせませんでした。

画像


写真は子供たちに、縁起物である旗頭を触らせている所です。


那覇大綱挽のHPはコチラ。
http://www.naha-otsunahiki.org/index.html



続いて「琉球國祭り太鼓」。創作エイサーといって、エイサーをベースに色々な要素を取り入れたパフォーマンスをするチームです。
毎回、このチームの写真はうまく撮れません。動きが激しすぎるのが理由の一つ。それからその演舞には何だかミュージカルに近いようなストーリー性があり、見ているとどうしてもこれを楽しんでしまって、シャッターを切るどころではなくなってしまうのがもう一つ、です。
どうにかステージの様子をお伝えできるのが下の写真です。

画像

画像


途中で獅子舞も登場しました。

画像

画像

子供をくわえ上げています。わかりますか?

画像

左端がくわえられていた子ですが、結構、おもしろかったようです。


ステージ、とにかく盛り上がりました。5曲、演舞があったのですが、5曲目の途中あたりで、「この盛り上がり方、何かヤバイ…」と思っていたら…。

………

やっぱりあった、カチャーシー!

スミマセン。デジカメを置いて参加してしまったため、写真はなしです。
(^_^;)(^_^;)(^_^;)


「琉球國祭り太鼓 東京支部}のHPはコチラ。
http://www.matsuridaiko-tokyo.com/index.php?h=1


旗頭チーム、琉球國祭り太鼓とも、新宿エイサーまつりに来ます。
ぜひ一度、そのパフォーマンスを直にご覧下さい。

新宿エイサーまつりについてはコチラ。
http://shinjuku-eisa.jp/

中野チャンフェス2日目、見ることができたのは結局この2チームだけでした。でも充分、行ったかいがありました。わずかな時間でしたが、沖縄文化のエネルギーを存分に感じました。
o(^▽^)o

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック